③成田空港からドバイ

日本からバルセロナは直行便がありません。そのためまずはトランジットでドバイに行ってから乗り継ぐ形になります。

今回のクルーズの具体的な日程は以下の通り。

成田22:00(現地時間)→ドバイ4:15 飛行時間11時間15分。

トランジット滞在時間4時間。

ドバイ8:15(現地時間)→バルセロナ13:25 飛行時間7時間10分

MSCベリッシマ乗船時間 13:00~16:00

※バルセロナ到着後、乗船まで3時間弱あるから余裕だろうと思っていましたが、時間的に大変危険ですのでお気を付けください。ホテル代をケチらず、前日にバルセロナ入りすることを強くお勧めします。(観光もできますしね)

いざドバイへ出発。やっぱりアジア人以外が多くて既にちょっとどきどき。

 エミレーツ航空のエアバスに搭乗しました。さすがドバイの航空会社ということで機内設備はかなりそろっており、最新の映画からアニメまでたくさんのラインナップが充実していて全く退屈しませんでした。

 また、ドバイのビジネス情報もぎっしり詰まっており、いろんなビジネスチャンスやクリエーションを探している印象が大変伝わってきました。機内ではくつろげるようにアイマスクやネックピロー、歯ブラシ、機中で履ける厚手の靴下まで入った小さな旅行セットを貰いました。

ちなみにエミレーツ便の客室乗務員の方は綺麗だし、その着ているコスチュームもすごくかわいい!(ドバイ空港にて1万円弱で売っていました)。

 筆者は11時間も乗るということで、事前に座席を足が延ばせる緊急脱出口をあらかじめ予約したため、かなり快適に乗れました。(二人で2万円くらい)ただしトイレの前でもあるため、トイレ待ちの人がいつもいて視線に晒されるのは落ち着きませんでした。ただ、欧米人向けのエアバスということもあって、普通の席でもそれほど窮屈にはならないと思います。

 機内食はすごくおいしかったです。筆者がこれまで乗った飛行機の中で、一番おいしいといっても過言ではないと感じました。

 マーベル作品をみっちり三本も鑑賞し、特にトラブルもなく、予定時刻通りドバイ着。深夜4時着ということもあって、空港内の客はそれほど多いわけではありませんでした。

 とはいえさすがの豪華絢爛な国際都市ともあって、成田空港と違い、深夜にもかかわらずお店は開いていました。ちなみに第3ターミナルはエミレーツ空港専用の最新?らしく、とても壮観でした。

 土産屋にはドバイらしい棗のお菓子やスカーフなども売っていたので少し見学しました。一番人気は棗?山査子?を入れたチョコのようです。

 また、ネット上によると無料のスパがあるそうでしたので探しましたが、15分近く歩かされる辺鄙なとこにあったため断念しました。仕方なく有料スパ(マッサージチェア等を売っている)を利用しました。やはり水が貴重なのか15分で2000円と高めの値段設定でした。利用する客はそれほど多いわけではないようです。

 乗り換えまでの余った時間は上記のような休憩スペースにあるリクライングチェアでゆったり休めました。朝方なってから少しずつ人が増えてくるので、早めにスペースを確保して仮眠しておくとよいでしょう。

 日も昇ってきた頃に、指定された搭乗口が空いて次の飛行機に乗り継ぎます。日本での乗り継ぎとほとんど変わりません。

 つぎはいよいよバルセロナ着、クルーズ船への乗船です!

投稿者: bommod

化学専攻卒 メーカー勤務 趣味は旅行、ゲーム、アニメ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。