①海外旅行の計画

入籍して1年、式が無事終わり、ゆとりができたので新婚旅行に行ってきました。

日本人に人気な場所といえばセブ島やハワイ、モルティブ、バリ島といったゆったりしたリゾート地かと思います。

しかしせっかくの新婚旅行ですし少しひねったところに行きたかったため、かねてから気になっていたクルーズに決めました。

 自分のための備忘録と、クルーズに興味ある方々への最後の一押しをするために書き残していこうと思います。

 参加したクルーズは【ヨーロッパ周遊4か国 10日11泊】で、二人で飛行機込みで約65万円でした。(海側キャビン/ベランダ有)自分たちで申し込んだため、少し安くなったけど、HISやクルーズプラネットで同じプランを頼むともう少し高くなるかもしれません。また、内側キャビンでいいのであれば半分程度の価格で済むそうです。

 正直のところ、ベランダで何かすることもないし、共通のデッキに出たほうがベランダよりも眺めが良いので、2回目以降は内側キャビンでいいと考えています。ただ、今回はせっかくの新婚旅行ということで奮発しました。


個人的に思うクルーズ旅行のメリット


① 色々な国を観光できる
 一か所にとどまってゆったりするのもいいけど、せっかくの海外だからいろんな国、特にヨーロッパを見て回りたいという気持ちが強い人におすすめです。


② 移動時間が少ない
 当たり前ですが、船の中で寝て、目が覚めたら次の国、都市についています。
移動に割く時間が少ないことで、貴重な海外旅行の短い時間を最大限利用できます。しかも、飛行機や電車、バスだと移動時に体力使いますが、船なら寝てるだけなので、目が覚めたら元気いっぱいで観光を楽しめます。


③ 治安がいい
 船の中は空港の中みたいに限られた利用客しかいないので安心。クルーズのサービスマンも一流なので、セレブな体験ができます。

④ コスパがいい
 ヨーロッパ複数都市だと、場所にもよりますが普通は100万円以上ちかくかかります。
しかしクルーズならかなり安く済みます。しかも3食付きがうれしい。


デメリット

①希望の都市に行けない
基本的に港町に寄港するので、内陸の土地には寄れません。
森の奥のお城とか、バチカンとかは厳しいかもしれません。(厳密にはいけなくはないが、例えばナポリに寄港してポンペイに行く、みたいに往復80kmの移動を覚悟する必要あり)


②夜の街並が体験できない
都市にもよりますが、船の最終乗船時刻が5時とかなので、夜に都市を散策できません。
(そもそもヨーロッパは治安悪いので夜はあまり出歩かない方がいいのですが・・・)

とまぁメリットとデメリットありますが、天秤にかけた挙句、私たちはクルーズにしました。
決め手はやっぱり安くてもいろんなヨーロッパの国を回れることでした。

今回は地中海クルーズを選んだので、宗教色濃いカトリックが息づいている南欧州を堪能してきました。残念ながらドイツとかイギリスとか、フランス北部とかはいけませんでしたので、またいつか行こうと思います。

世帯年収との相談

筆者が嫁との相談に使ったパワポの一部抜粋。同行者の説得に困っている方がいたら参考になれば幸いです。

旅行は予算さえかければいくらでもプランはあります。新婚旅行ともいえばなおさらです。

そのため、まずは新婚旅行の費用分布を確認し、そこに自分の家庭の世帯年収をあてはめて予算を決定しました。

その後、予算に見合う行けるプランについて、各自の重要視するポイント(歴史を見たいとか、治安重視、等)から絞り込みました。

その結果、最近のクルーズは治安もいいし、たくさん回れるし、安くてお得なプランが多いので、クルーズに最終決定しました。

ちなみに他にはプランとしてニュージーランドやヨーロッパ二都市が候補としてありました。

投稿者: bommod

化学専攻卒 メーカー勤務 趣味は旅行、ゲーム、アニメ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。